動画特報(?)

爆走ひーろーズに道をあけろ


 恒例・夏の角川アニメ祭、本年は『X』
と『スレイヤーズ・リターン』の2本立。
でもってまず『スレイヤーズ』は、ま〜
いつも通りのアノ世界で<劇場版>のワ
リにゃ〜作りがチープ・お話も拡がりに
乏しい感じ。昨年公開・第1弾の方が全
般的に「まだしも」だったよーな…。し
かしもう一本・CLAMP原作の『X』
が大問題作で、コイツは冗談じゃなく
「ずざまぢい」。超カンタンに説明する
と、『帝都物語』のよーな世界観にもと
づき『幻魔大戦』アニメ版(『X』と同
じ、りん・たろう監督作品)のよーな先
進的絵造りで『伊賀の影丸』的なエスパ
ー同士の団体戦が展開され、そして最後
には主人公だけを残してみ〜んな死んで
しまう(!!)とゆー、あいた口が三日も
ふさがらないよーなシロモノ。幻想シー
ンを含めて何度も何っ度も凌辱される
(十字架にかけられ首をハネられ腹を裂
かれ…)ヒロインを筆頭に、CLAMP
特有の華麗なるキャラたちが次々に血を
流し死んでゆくこの<ショー>は豪華ケ
ンラン・ゼイタクの極み…と言えなくも
ない。この製作者たちは、自らの最も愛
するイメージ(帝都破壊シーンの、異様
なまで細密な描写をも含め)を自ら犠牲
の祭壇に乗せてくれたワケだ。だがしか
し「ソレっていったい、何のため!?」

 一方のTVアニメ界、ハッキリ言って
いま断然オススメできる番組は『こども
のおもちゃ』だけ。そぉ言や前号で『ヱ
スカフローネ』の音楽(菅野よう子+溝
口肇)は平沢風…と述べたが、ここで訂
正「はるかに立派です」。ただカンジン
のお話が…『ラムネ&40』もそうだけど、
ファンタジー・ラブコメ・巨大ロボ…と
面白げな要素を詰め込んだあげくにどー
にも煮え切らず。こんな状況下、特筆す
べきはおなぢみ東映特撮ヒーローたちの
大健闘。「オレたちゃ〜闘う交通安全!!」
をモットーとする『激走戦隊カーレンジ
ャー』を筆頭にバカ丸出し爆走体勢、そ
の中でも非常に新味ある番組が『超光戦
士シャンゼリオン』(TX・水曜18時)
だ。コレ題名だけは妙にまっと〜だが、
その内容たるやバカでスケベな私立探偵
が何かのマチガイで<光の戦士>となり、
人知れず人類のために(?)闘うとゆー
ドタバタ喜劇。まず各回の副題からして
「サバじゃねえ!」「コンニャク残して」
「ご令嬢、コレ異常?」等と心得違いも
はなはだしく、本編中でも意図的にハズ
シたよーな泣かせるギャグ連発・スミか
らスミまでズズ〜イと愚劣。舞台となる
東京ベイエリアのモダーン風景と、頭も
品行も極端にワル〜い正義の戦士たち
(侵略者たちに説教されるほど! しか
も貧乏)の脱力ぶりはまさしく好一対・
超〜キザな敵役のタレる不可解なウンチ
クやチ〜プ極まるCG合成もオツな味で、
こらまったく'90年代にしかありえない
作品として絶賛。さぁてもーすぐ秋の番
組改編期、あにめ陣営の巻き返しは!?

  (20k, jpg)

 DAVID ALVARADO「AURORA etc.」
 Rated X/RX-05 
 「X」といえば、パワー・セックス系
 (活動休止?)のココんちも優秀レー
 ベルだった


ドラクゑテクノ劇場◆Д肇襯優海肋人なかまを呼んだ! どこからともなくウッデ ィが現れた!「も〜かりまっか?」
Back to vol.26 Contents Next Page:…誰もゐない海。

Nogucci Harumi < MGH03372@niftyserve.or.jp >