シリーズ・えふえふヨタ話

いま・ときめきの「すりすり行為」


 「ついにスーファミへ移植!」で盛り上
がる『ときめきメモリある』。かつて青
春時代を棒にフッたおやぢ連がこーゆ遊
びにハマるのはワカる…が、キッヅまで
が現に青春を棒にフリながら熱中・あげ
くに「藤崎ちゃん(ヒロインの名)みた
ゐなコが、この3D世界にはいないよ〜
ゐ」などとゴネだすよーでは、もはや社
会問題。…とはゆーものの、ご家庭のT
Vの前でパッド握りしめて「気分は大冒
険!」とゆーアタイらの横着さもそーと
ー目に余る。もぉーみんなサイテ〜っ
そんなワケ(?)で、今回はFF1〜3
のご紹介〜。
 輝かしきFFの歴史は'87年(重要な
年!)に始まり、1〜3までは旧ファミ
コン用。で、今となってはウチみたくコ
レだけ目当てに古ハード(たった参千圓
だったが)を買うほどのモンかとゆーと
…。がしかし、困砲弔覆るFFの急所
はすべて1〜3にあるんだなコレが。
 さてFF1を立ち上げた時の衝撃は、
久々の八ビット大会で超キョ〜レツだっ
た。画面の色までがボヤーッとしたパス
テル/セピア調で(ふぁみこんの絵って
大体そんな感じだけど)、まさに「神話
と伝説の世界」を実感。登場自キャラは
プレイ開始時にプレーヤが命名・ジョブ
選択した4人組で、それ以外の性格づけ
は何もナシ。んで感情移入度が低いもん
だから、全滅しても他人ゴト…みたゐな
〜(無責任)。しかしこの時期すでに戦闘
場面をアニメ表現・おなぢみの飛空艇も
登場で、確かにFF。
 続く2は、悪の軍団に家族を奪われた
4人の若者がお話の軸。冒頭で行方不明
になった自キャラが終盤、敵側に寝返っ
て登場!…4や6につながるメロドラマ
路線が、ここに予告される。少し(いや、
かなり)後味の悪い結末が、どーにもFF
的だ。ココで導入された斬新な(でも面
倒臭い)成長システムは、後の『ろまサ
ガ』が継承発展、とゆー感じ。
 ココまでのFFで驚いちゃうのは、わ
ずか10数人の要員で制作しているらしい
こと。この神話時代に活躍の<勇者たち>
が各地に散って(?)、スクウェアの近作
RPG(『ろまサガ』『聖剣』等)を作っ
てるンだそーだ。そー言えばFF3には
「王女さまのベッドで寝ちゃお〜っと!
スリスリ」とゆー歴史的名場面がある
んだけど、それが最新作『バハムート・
ラグーン』でも再現されているとか…ア
ホか。このお話、また次回へ引っ張っち
ゃお〜っと! スリスリ

  (11k, jpg)

 HOUSE FAMILY「A HOUSE IN HEAVEN」
 Underground/UN 115
 '87年、タイリー様の波動砲ばくはつ盤。
 この年はもー!とにッかくハ・ウ・ス〜



FF7:プレステ用として12月に発売、と発表された。お先にハードだけ用意して、冬ま で「おたゲ〜」でつなぐのもオ・ツ(こら)
Back to vol.24 Contents Next Page:『惑星』も『月の光』も百圓盤

Nogucci Harumi < MGH03372@niftyserve.or.jp >