独逸・アシッドベルト地帯


 ハードフロアだけではない。独逸深奥
部には、きわめてアヤシいアシッド狂が
ゾ〜ロゾロ。前号紹介フォースインク
(FI)に引続き、今月もその秘密ゾー
ンをご紹介〜。
 まずは、フランクフルト西方20劼離
インツ。ここには、デジビが深〜い信頼
を置くトマス・ヘックマン親父(本誌6・
7・11号参照)がトグロを巻いている。ト
ロープという自分のレーベルを持ち、そ
こからもイキな作品を連発している模様。

(15k, jpeg)
「MINDWORKS ONE」UPTOWN/UP-CD-1
ヘックマンによるオムニバス。幻のトロープ
音源も収録、しかも場違いな中華テクノに大爆笑

 そのヘックマン・パパとパープル・プリ
ジェードでタッグを組むのが、同じマイ
ンツのホーシィ氏。彼は本誌でおなじみ
独レイブワークスの社長だが、イイ歳し
て中指突き出した写真を撮らせるよーな
大バカタレでもある。彼自身の作品(C
タンク名義など)もかなり出しているが、
とにかくハードアシッドが大好き〜な異
常者らしいので、とてもコワい。
 デュッセルドルフの南方30辧▲吋襯
も不審。ここにシーンを作ったのは、バ
ーガー・インダストリーことJ・ブルガー
と、ご存知エアリキッドのメンバーのイ
ングマール・コッホ(ウォーカー)とセム・
オーラル(ジャミン・ユニット、ウルトラ
'92年にブルー、'93年にDJアングル・フ
ィーバーというレーベルを作り、仲間た
ちの作品をリリース。またFI系列でも
活躍中。ちなみにブルガーの作風は、古
典テクノ混じりのピコピコアシッド。エ
アリキッドのアルバムはアンビエント風
というが、メンバーのソロはぶりっぶり
のアシッド。

(13k, jpeg)
THE BROTHERHOOD OF STRUCTURE「WE ARE FAMILY」
STRUCTURE/STRUC 15  12インチ+フルCDで500円、とゆー
破格値で購入。マドンナ303「ラッキ〜スタ〜」が最高!

 図作品はストラクチャーのEP15番・
CD2番のカップリングだが、妙に前向
きなタイトル+メッセージがクサい。
「平和と愛と団結のために、テクノ界&
あらゆる場所で闘うぞ〜!」だって。で
も、ヘンな曲多くてステキ。中でも、最
近FIから大ヒットを飛ばしたマイク・
インクの作品は「ディアスポラ」とゆー
大げさな題名(世界史の教科書を参照)
のクセに、くだらねー曲でびっくり。平
凡なアシッドかと思えば、ピュ〜ンと懐
かしいシンドラの音、最後は大昔のポッ
プス「フィーリング」のサンプリング、
と、一切イイところナシ。「駄作」の一語
では、片付けきれないほどの妖気がある。
何これ?
 独逸だけでもまったく紹介しきれない
が、他にも欧州全土にアシッド狂がい〜
っぱい。'88年のインパクトは、これほど
までにデカかったのだ。まだまだ出て来
るぞ、ワクワク〜!


Back to vol.12 Contents Next Page 「ようこそ眼鏡くん」

Nogucci Harumi < MGH03372@niftyserve.or.jp >